外壁が綺麗な家々

外壁のひび割れの原因とその補修で費用が変わる外壁塗装

外壁にひび割れが…早めに補修するべき理由

外壁のひび割れは早めの補修が必要だと言われていますが、放置しておくと一体どうなってしまうのでしょうか。ここでは、ひび割れの原因を追及しながら、疑問点を解決していきます。

ひび割れの原因とは?

外壁にひび割れが生じる原因は、外壁の種類によって違ってきます。
まず、モルタル外壁の場合は、モルタルの乾燥不足、モルタル自体の収縮問題が原因となることが多いです。
セメントや砂、骨材、樹脂などの配合状態のバランスが悪くなるとひび割れがおきやすくなってしまいます。特にセメントと砂は、配合が適正であっても水セメントが多く含まれていると乾燥収縮によってひび割れができやすくなってしまいます。モルタルの場合は、この調合割合が一番の原因となっているでしょう。
モルタル外壁は、地震などで建物が動くと必ずひび割れを起こしてしまうので、最初からわざと目地をとり割れるようにしておく工法が一般的です。
窓下などに目地をとっていないとひび割れが発生しやすくなるでしょう。

次にサインディング外壁になりますが、サインディングにはシーリング材を使用します。
この目地のシーリングが傷んでしまうことで、ひび割れが生じやすくなります。新築時のサインディングボートには、目地にシール材を注入していくのですが、このシールは時間の経過と共にゴム状に変化していくのが特徴です。
そこに強い紫外線が直接当たると次第に劣化していき、ひび割れが起きやすくなるのです。また、釘を端部に打っているためひび割れてしまうということも考えられます。

最後に、コンクリート外壁の場合はどうでしょう。
コンクリートは外力の大きい力が加わると建物が歪んだり変形しやすくなり、その力に耐えきれなくなるとひび割れが生じてしまいます。地震だけに限らず、近くに国道や線路などがある場合は、振動が繰り返されることによってひび割れを起こしてしまうのです。
また、コンクリートの中には、鉄筋やメッシュなどの金属が入っていおり、この鋼金属類が腐食してしまうと膨脹し、ひび割れが起こってしまいます。他にはモルタル外壁と同様に、セメントや砂などの配合不良によってもひびが入りやすくなってしまうでしょう。

ひび割れを放っておくとどうなる?

小さなひび割れくらいなら、「まだ大丈夫だろう」と放置してしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、ひび割れが生じた場所から雨水が侵入し室内へ入り込んでしまったらどうなるでしょう。
雨水の影響で、外壁だけに留まらず室内までどんどん腐食が進んでしまい、大がかりな修繕が必要になることが考えられます。被害が大きく膨らめば膨らむほど、外壁塗装での経済的な負担も大きくなってしまいます。
コンクリートの場合は、室内に入りこむことは珍しいですが鉄筋にサビが発生する可能性は考えられるでしょう。このサビによって鉄筋が膨脹し、コンクリートを押し上げて剥落してしまう恐れがあります。

ひび割れのレベルによって費用も変わる

外壁のひび割れを放っておくと、生活面にも支障が出てきてしまいます。
ひび割れの状態によっては、埋めるだけで補修できる場合と埋めてもひび割れが再び発生してしまう場合があります。

自分で補修する方もいますが、進行を防ぐための応急処置としてならまだしも、結果的に外壁塗装などの専門業者に依頼することになれば、その分費用も高くついてしまうでしょう。
ひび割れは、まだ動いている最中であれば上から外壁塗装を行っても、またひび割れてしまう可能性が高いものです。その判断を自分で見極めるのは非常に難しいので、最初からプロにお任せするのが一番です。
補修した後から何か問題があった時、フォローも期待できるので安心できるのではないでしょうか。

大阪の堺市にある外壁塗装業者「大林建装工業」さんなら、外壁塗装や屋根塗装のリフォームはもちろん、お客様の立ち合いのもと検査を行い、外壁の修正箇所の確認を執り行います。
大阪の堺市で外壁塗装業者をお探しの方は、「大林建装工業」さんにお願いしてみてください。安心して任せることができる業者さんです。

最新記事一覧

2017/08/07
外壁のひび割れ補修、DIYでも可能?を更新しました。
2017/08/07
外壁ひび割れに効果的な塗料とは?を更新しました。
2017/08/07
外壁塗装業者はひび割れ補修してくれる?を更新しました。
2017/08/07
外壁のひび割れの種類を更新しました。